竜胆(リュウタン)とは、リンドウ科の植物であるトウリンドウの根及び根茎を乾燥させた清熱燥湿薬に分類される生薬です。中国、北朝鮮、日本を産地とし、苦味配糖体を主成分としています。

 

【中医学的に見る竜胆】

肺、胆経を帰経とし、味を苦、性を寒とする生薬です。湿熱による黄疸、陰部掻痒感、おりもの、湿疹に使用されます。また、ストレス過剰時に生じる高熱、痙攣、頭痛、目の充血、難聴にも使用されます。

清熱作用がある為、お腹が冷えて弱っている方には使用しないでください。

 

【主な漢方薬】

  • 竜胆瀉肝湯(リュウタンシャカントウ)

:下腹部筋肉が緊張する傾向にあるものの、排尿痛、残尿感、尿の濁りに使用される漢方薬です。竜胆はこの漢方薬において、清熱することによって湿を取り除き、解毒する作用を担うとされています。

 

【西洋医学的に見る竜胆】

竜胆の苦味配糖体には胃液分泌促進作用が報告されています。また、水性エキスには腸管運動促進作用が報告されています。