升麻(ショウマ)とは、キンポウゲ科の植物であるサラシナショウマの根茎を乾燥させた辛涼解表薬に分類される生薬です。日本、中国を産地とし、トリテルペノイドを主成分としています。

 

【中医学的に見る升麻】

肺、脾、大腸、胃経を帰経とし、味を辛、性を微寒とする生薬です。熱毒によって生じる、あらゆる症状(頭痛、歯痛、口内炎など)に用いられる。また、外感風寒による頭痛や発疹の初期にも使用されます。その他にも脾虚により倦怠感が出たり、内臓の下垂がある際にも使用されます。

 

【主な漢方薬】

  • 乙字湯(オツジトウ)

:生薬「当帰」のページを参照して下さい。升麻はこの漢方薬において、清熱瀉火することによって、解毒する働きを発揮します。

 

【西洋医学的に見る升麻】

升麻エキスには睡眠時間を延長させたり、正常時および発熱時の体温を下降させる働きがある可能性についての報告がされています。