桃仁(トウニン)は、バラ科のモモ又はノモモの種子を乾燥させた活血袪瘀薬に分類される生薬です。中国、日本を産地とし、青酸配糖体、トリテルペノイド、ステロール、酵素、脂肪油を成分としています。

 

【中医学的に見る桃仁】

桃仁は心、肝、肺、大腸経を帰経とし、味を苦、性を平とする生薬です。血が滞ることで、「微小循環」が崩れ、肩こりやや月経障害や頭痛などが出てきます。サインとしては顔面・眼瞼部の黒み、口唇・歯肉・舌の暗赤紫化、手のひらが赤くなる(手掌紅斑)が出てきます。そのため、桃仁は頭痛・肩こりある疼痛、腫瘍、内出血、便秘などの瘀血証に使用します。また、咳止めの作用もある為、補助薬として使用されることもあります。なお桃仁の袪瘀(きょお)作用は強いので、生理中や妊娠中の婦人には使用を避けてください。

 

【主な漢方薬】

:体力がある方の瘀血証(便秘、肩こり、月経不順)に用いられます。特に左腹部に圧痛がある時に用いられます。桃仁はこの漢方薬において便を柔らかくしたり、活血して瘀血を取り除く効果を発揮しています。

 

:体力がある方の瘀血証(便秘、肩こり)に用いられます。特に右腹部に圧痛がある時に用いられます。桃仁はこの漢方薬において便を柔らかくしたり、活血して瘀血を取り除く効果を発揮しています。

 

:生薬「桂皮」のページを参照して下さい。桃仁はこの漢方薬において、活血して瘀血を取り除く効果を発揮しています。

 

:下腹部の滞った血を巡らすことによって下半身の湿熱を取り除き、関節痛や神経痛に効果を示す漢方薬です。桃仁はこの漢方薬において、活血して瘀血を取り除く効果を発揮しています。

 

【西洋医学的に見る桃仁】

アルコールエキスはモルモットの子宮及び腸管に対して、収縮作用を示すことが報告されています。