川芎とは、セリ科の植物であるセンキュウを湯通しした活血袪瘀薬に分類される生薬です。中国、日本を産地とし、精油、フタリド類を主成分としています。

 

【中医学的に見る川芎】

肝、胆、心包経を帰経とし、味を辛、性を温とする生薬です。瘀血を押し流し、気滞を押し流す効果がある為、血瘀気滞による見られる症状(生理不順、生理痛、無月経、難産、産後の悪阻、胸や脇腹が張る事による痛みなど)に用いられます。また、風邪を去らせ痺れを止める効果もあるので、頭痛にも使用されます。

 

【主な漢方薬】

:生薬「香附子」のページを参照してください。川芎は本漢方薬において抗うつ作用を発揮しています。

 

:生薬「葛根」のページを参照して下さい。川芎は本漢方薬において、体を温め血と気を巡らせ排膿効果及び痛み止めの効果を発揮しています。

 

:生薬「熟地黄」のページを参照して下さい。川芎は本漢方薬において、体を温め血と気を巡らせ排膿効果及び痛み止めの効果を発揮しています。

 

:生薬「熟地黄」のページを参照して下さい。川芎は本漢方薬において、体を温め血と気を巡らせ、痺れや痛みを止める効果を発揮しています。

 

:生薬「熟地黄」のページを参照して下さい。川芎は本漢方薬において、活血効果を発揮しています。

 

【西洋医学的に見る川芎】

川芎の水製エキスには中枢抑制作用、鎮痛作用、抗血栓作用、免疫賦活作用が報告されています。