厚朴(コウボク)とは、モクレン科の植物であるホオノキの樹皮を乾燥させた芳香化湿薬に分類される生薬です。中国、日本を産地とし、アルカロイドを主成分としています。

【中医学的に見る厚朴の効能】

脾、胃、肺、大腸経を帰経とし、味を苦、辛、性を温とする生薬です。食べ過ぎや気滞によりお腹の調子が悪い時や腹部が膨満している時に使用されます。また、厚朴は肺の気を下して、痰を切ることから咳止めや呼吸困難改善にも使用されます。

 

【厚朴が使用される主な漢方薬】

:生薬「半夏」のページを参照して下さい。厚朴はこの漢方薬において、湿を取り除き気を巡らす効果を発揮しています。

 

:生薬「陳皮」のページを参照して下さい。厚朴はこの漢方薬において、湿を取り除き気を巡らす効果や吐き気を止める効果を発揮しています。

 

:便秘薬として使用されています。厚朴はこの漢方薬において、気を巡らす効果や吐き気を止める効果を発揮しています。

 

:起坐呼吸をするような痰の少ない気管支喘息に使用されています。厚朴はこの漢方薬において、咳を止める効果を発揮しています。

 

【西洋医学的に見る厚朴】

厚朴の水製エキスには、鎮静、抗炎症、抗アレルギー作用がある事が報告されています。