黄連(オウレン)とは、キンポウゲ科の植物であるオウレンの根を乾燥させた清熱燥湿薬に分類される生薬です。中国、日本を産地とし、ベルベリン型アルカロイドを主成分としています。

 

【中医学的に見る黄連の効能】

心、肝、胃、大腸経を帰経とし、味を苦、性を寒とする生薬です。清熱燥湿作用を有するため、湿熱による下痢、嘔吐に使用されます。また、高熱やうわごとにも使用されます。その他にも、解毒作用を有するため、耳腫や目痛の治療にも使用されます。

黄連は、その性質(苦寒性)の為、胃腸を痛めやすいので長期間は服用しないようにして下さい。

【黄連が使用される主な漢方薬】

:分厚い下苔がついている方の、胃部不快感や口内炎など胃熱がある症状に使用されます。黄連はこの漢方薬において、清熱する事により湿を取り除く作用を発揮しています。

 

:生薬「黄芩」のページを参照して下さい。黄連はこの漢方薬において、清熱する事により湿を取り除いたり、解毒する作用を発揮しています。

 

:生薬「大黄」のページを参照して下さい。黄連はこの漢方薬において、清熱する事により湿を取り除いたり、解毒する作用を発揮しています。

 

:生薬「半夏」のページを参照して下さい。黄連はこの漢方薬において、清熱する事により湿を取り除く作用を発揮しています。

 

:咳や咳による胸痛に使用されます。黄連はこの漢方薬において、清熱する事により湿を取り除く作用を発揮しています。

 

【西洋医学的に見る黄連】

黄連には、抗菌作用のほか、血圧降下、止血、抗炎症、下痢止めの作用が報告されています。