陳皮は、ウンシュウミカンもしくはミカン科の柑桔の果皮を乾燥した、理気薬に分類される生薬です。中国や日本を産地とし、モノテルペノイド、フラバノン配糖体、ペクチンやクエン酸を成分としています。

 

【中医学的に見る陳皮の効能】

肺、脾を帰経とし、味を辛、苦、性を温とする生薬です。脾胃気滞によって、上腹部が張って苦しい時や痛い時に使用されます。また、本生薬は温性の為、津液が少なく体内に熱がこもっている人に使用する時には注意が必要です。

 

【主な漢方薬】

  • 胃苓湯(イレイトウ)

:水様便、浮腫、口渇という症状がそろえば使用される漢方薬です。陳皮は理気により湿を取り除く作用を発揮しています。

胃苓湯(イレイトウ)の効果・効能

 

  • 平胃散(ヘイイサン)

:胃がもたれて、消化不良がある時に使用される漢方薬です。陳皮は湿を取り除くことにより理気作用を発揮しています。

平胃散(ヘイイサン)の効果・効能

 

  • 補中益気湯(ホチュウエッキトウ)

:消化器系の機能低下を回復させる事を目的に使用される漢方薬です。陳皮は理気により湿を取り除く作用を発揮しています。

補中益気湯(ホチュウエッキトウ)の効果・効能

 

【西洋医学的に見る陳皮】

煎液はイヌの口腔粘膜塗布により軽度の胃液分泌、ペプシン作用低下、リパーゼ作用亢進を示します。また、陳皮のフラバノン配糖体であるヘスペリジンには肝細胞障害抑制作用を示すことが報告されています。