様々な種類の漢方薬を薬局で見かけるように、漢方薬は第二類医薬品(指定第二類医薬品を含む)としても販売されています。そして最近では、インターネット通販でも買うことができるようになりました。

 

以前はインターネット通販による薬の販売は前例が少なく、行っていいかどうかの制度は整っていませんでした。しかし、2014年6月に、一般医薬品(漢方薬は第二類医薬品として)がインターネット販売可能となりました。

参考:厚生労働省 医薬食品局 総務課PDF

nettuuhan

 

第二類医薬品というのは、副作用・相互作用などの項目に注意が必要で、専門家からの情報提供が必要時にとれるシステムを用意(努力義務)となっている医薬品です。

 

漢方薬を含む第二類医薬品は、薬剤師または登録販売師の資格をもっている方がいればドラッグストアやコンビニでも販売できます。

 

ただし、これらの資格を持っている人がインターネットで個人販売できるわけではありません。一般医薬品をインターネット販売(通販)で取引するためには、「有形の店舗」が必要です。

internet-mailorder-kanpo

きちんとした店舗の条件では、明るさや情報提供カウンターを擁しているか、十分な広さを有しているか、外面で購入者に見やすい標識がなされているか、などが必要です。このような実店舗が必要なことに加え、専門家の氏名の名器、許可証などがインターネットでの医薬品販売では必要となります。

 

自分が興味がある通販サイトを見かけたら、厚労省の一般用医薬品の販売サイト一覧に掲載されている店舗かは最低限確認するとよいでしょう。

 

漢方薬は第二類医薬品なので、情報提供は努力義務です。必須項目ではありません。

dainiruiiyakuhin

しかし、厚労省のHPで掲載されている上記表のように、相談があった場合に情報提供をすることは〇となります。そのため、消費者として相談してみることは可能です。

 

現状、先ほどの厚労省のHPで通信販売を行っている薬局一覧を見ると、実店舗がある薬局がYahooや楽天やAmazonで通信販売を行っていることがわかります。また、イトーヨーカドーなどの自社で通信販売を行っている会社も実店舗をそれぞれ登録し、通信販売を行っていることがわかります。

 

楽天やAmazonなどでは、すでに漢方薬の通販は行われており、漢方薬を通信販売で購入できます。ただし、気軽に買える半面、医療保険が効く病院やクリニックと異なり、値段が高くなることと、医師に直接相談することなどができないデメリットがあることを知っておく必要があります。受診料+漢方薬を処方箋による処方の方がトータルのコストは安くなることが多いです。