1. 当帰建中湯の特徴

疲れやすく、血色の悪い人の月経痛、下腹部痛、痔、脱肛の痛みに用いられる漢方薬です。アトピー性皮膚炎にも用いられます。

 

中国・漢時代の「金匱要略(キンキヨウリャク)」に記されています。

 

次のような人に有効です。

・虚弱体質
・疲れやすい
・月経痛、下腹部痛がある
・冷え性
 

  1. 当帰建中湯の作用

桂枝(ケイシ)は胃腸の冷えを取り、のぼせ、不眠、動悸を治す作用があります。

 

芍薬(シャクヤク)、甘草(カンゾウ)は痛みを緩和する作用があります。

 

生姜(ショウキョウ)は体を温めて胃の働きを強くする作用があります。

 

大棗(タイソウ)は胃腸の働きを助け、体力を増進する作用があります。

 

当帰(トウキ)は養血作用があり、血液の循環を良くする作用があります。

 

 

  1. 当帰建中湯の成分

当帰建中湯は、下記の6種類の生薬からなります。

 

・桂枝(ケイシ): クスノキ科カツラの木の若枝。薬効は、体を温めて、痛みを止める作用があります。

・生姜(ショウキョウ): ショウガ科ショウガの根茎を乾燥させたもの。薬効は、腹部を温め、発汗させ、嘔気を止める作用があります。

・芍薬(シャクヤク): ボタン科シャクヤクの根を乾燥させたもの。薬効は、熱を除き、血液循環をよくし、痛みを止める作用があります。

・大棗(タイソウ):クロウメモドキ科ナツメの果実。薬効は、消化を補い、精神を安定させる作用があります。

・甘草(カンゾウ):マメ科カンゾウの根を乾燥させたもの。薬効は、消化を整え、痛みを止める作用があります。

・当帰(トウキ):セリ科トウキの根を乾燥させたもの。薬効は、血を補い、血液循環をよくし、痛みを止める作用があります。

 

 

  1. 当帰建中湯の副作用

配合生薬の甘草(主な成分はグリチルリチン酸)の大量服用により、むくみが出たり、血圧が上る「偽性アルドステロン症」と呼ばれる症状がでる可能性があります。甘草が含まれている他の漢方薬や、グリチルリチン酸を長期で服用する際は注意が必要です。

 

 

  1. 当帰建中湯の服用方法

ツムラ当帰建中湯エキス顆粒によると、通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用するとされています。年齢、体重、症状により適宜増減してください。
基本的に漢方エキス製剤は、お湯に溶かしてから服用すると良い効果が期待されます。

 

参考文献

・NHKきょうの健康 漢方薬事典(主婦と生活社)
・今日から使える漢方薬のてびき(講談社)
・漢方薬の服薬指導(南山堂)
・治りにくい病気の漢方治療(創元社)
・漢方相談ガイド(南山堂)