1. 二陳湯の特徴

吐き気や悪心(気持ち悪さ)、嘔吐を抑える目的で処方される漢方薬です。胃に水分が停滞して気持ちが悪くなったり、めまいや動悸がある場合や二日酔い、つわりにも用いられます。食中毒にも使われることがあります。

 

六君子湯(リックンシトウ)から、人参(ニンジン)、蒼朮(ソウジュツ)(または白朮(ビャクジュツ))、大棗(タイソウ)を抜いた漢方薬です。

 

中国・宋時代の「和剤局方(ワザイキョクホウ)」に記されています。

 

次のような人に有効です。

・悪心嘔吐がする
・めまい
・胃部振水音
・偏食
・頭痛がする

 

  1. 二陳湯の作用

茯苓(ブクリョウ)、陳皮(チンピ)は胃腸の働きを助け、水分代謝を促進する作用があります。

 

半夏(ハンゲ)、生姜(ショウキョウ)は吐き気を抑える作用があります。甘草(カンゾウ)は胃腸を助け、他の生薬との調和作用があります。

 

 

  1. 二陳湯の成分

二陳湯は、下記の5種類の生薬からなります。

・半夏(ハンゲ):サトイモ科カラスビシャクの塊茎を乾燥させたもの。薬効は、痰や咳を鎮め、吐き気を抑える作用があります。

・茯苓(ブクリョウ):サルノコシカケ科マツホドの菌核を乾燥させたもの。薬効は、水分の循環をよくし、消化を整える作用があります。

・陳皮(チンピ): ミカン科ウンシュウミカンの果皮を乾燥させたもの。薬効は、消化を整え、咳や痰を鎮める作用があります。

・甘草(カンゾウ):マメ科のカンゾウの根や根茎を乾燥させたもの。薬効は、疼痛緩和の他、緊張を緩める働きがあります。

・生姜(ショウキョウ):ショウガ科ショウガの根茎を乾燥させたもの。薬効は、腹部を温め、発汗させ、嘔気を抑える作用があります。

 

 

  1. 二陳湯の副作用

配合生薬の甘草(主な成分はグリチルリチン酸)の大量服用により、むくみが出たり、血圧が上る「偽性アルドステロン症」と呼ばれる症状がでる可能性があります。甘草が含まれている他の漢方薬や、グリチルリチン酸を長期で服用する際は注意が必要です。

 

 

5.二陳湯の服用方法

ツムラ二陳湯エキス顆粒によると、通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用するとされています。年齢、体重、症状により適宜増減してください。
基本的に漢方エキス製剤は、お湯に溶かしてから服用すると良い効果が期待されます。

 

 

参考文献

・NHKきょうの健康 漢方薬事典(主婦と生活社)
・今日から使える漢方薬のてびき(講談社)
・漢方薬の服薬指導(南山堂)
・治りにくい病気の漢方治療(創元社)
・漢方薬の選び方・使い方(土屋書店)
・漢方相談ガイド(南山堂)
・漢方薬・生薬の教科書(新星出版社)