薏苡仁湯の特徴

四肢の関節に溜まった水分を取り去り、熱を発散させる作用があるため、腫れや痛みに効果がある漢方薬です。慢性化した関節リウマチによくもちいられます。関節痛、筋肉痛、関節リウマチ、結核性関節炎に使用されます。

 

麻杏薏甘湯(マキョウヨクカントウ)より症状が重い人に用いられます。

 

中国・明時代の「明医指掌(メイイシショウ)」に記されています。

 

 

次のような人に有効です。

・体力は中程度
・筋肉、関節が腫れている
・熱感がある
・発熱している

 

スポンサーリンク

薏苡仁の作用・効果

薏苡仁(ヨクイニン)、蒼朮(ソウジュツ)、麻黄(マオウ)は、体の無駄な水分を追い出して痛みをやわらげる作用があります。

 

当帰(トウキ)、芍薬(ショウヤク)は血を補い、血行を改善する作用があります。桂皮(ケイヒ)は体を温め、気をめぐらせる作用があります。甘草(カンゾウ)は、炎症を抑え、他の生薬との調和作用があります。

 

 

薏苡仁湯の成分・効能

薏苡仁湯は、下記の7種類の生薬からなります。

 

・薏苡仁(ヨクイニン):イネ科ハトムギの種皮を除いた種子。薬効は、滋養・利水・排膿・強壮作用があります。むくみをとり、関節痛や、神経痛を改善します。

・麻黄(マオウ):マオウ科のシナマオウの茎を乾燥させたもの。薬効は、発汗・鎮咳作用、気管支のけいれんを抑制する作用があります。交感神経系を興奮させる作用があるため、高齢者や心臓病、高血圧の人は注意が必要です。

・桂皮(ケイヒ) :クスノキ科のニッケイの根を乾燥させたもの。薬効は、「気」の巡りをよくし、発汗によって体表の毒を除く働きがあります。解熱作用、鎮静作用、血行促進作用、抗血栓作用があります。

・蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ):キク科のホソバオケラ(白朮はキク科のオケラ)の根を乾燥させたもの。薬効は、「水滞」の改善し体内の水分代謝を正常にする作用があります。さらに、消化機能を高める作用もあります。

・当帰(トウキ) :セリ科のトウキの根を湯通ししてから乾燥させたもの。薬効は、「血(ケツ)」の不足を補い、巡りを良くします。

・芍薬(シャクヤク):ボタン科のシャクヤクの根を乾燥させたもの。薬効は、「血(ケツ)」のめぐりをよくする作用があり、血行をよくします。さらに、筋肉のけいれんを鎮めたり、鎮痛作用もあります。

・甘草(カンゾウ) :マメ科のカンゾウの根や根茎を乾燥させたもの。薬効は、疼痛緩和の他、緊張を緩める働きがあります。

 

 

薏苡仁湯の副作用

配合生薬の薏苡仁によって心窩部不快感、下痢、便秘が起こる場合があります。体がひどく弱っている人や発汗の多い人には適しません。胃腸の調子が悪い人も慎重に用いるようにします。

 

麻黄が含まれていますので、不眠、頻脈、動悸、血圧上昇などの副作用が起こる可能性があります。高血圧や心臓病、脳卒中既往など、循環器系に病気のある人は慎重に用いる必要があります。

 

エフェドリン類含有製剤、甲状腺製剤(チラーヂン)、カテコールアミン製剤(アドレナリン、イソプレナリン)、テオフィリン(テオドール)を服用している人で麻黄が含まれる漢方薬を服用する際は注意してください。

 

また、配合生薬の甘草(主な成分はグリチルリチン酸)の大量服用により、むくみが出たり、血圧が上る「偽性アルドステロン症」と呼ばれる症状がでる可能性があります。甘草が含まれている他の漢方薬や、グリチルリチン酸を長期で服用する際は注意が必要です。

 

 

薏苡仁湯の服用方法

ツムラ薏苡仁湯エキス顆粒によると、通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用するとされています。年齢、体重、症状により適宜増減してください。
基本的に漢方エキス製剤は、お湯に溶かしてから服用すると良い効果が期待されます。