桂枝茯苓丸の特徴

桂枝茯苓丸は、血行障害が関係する幅広い症状に処方されます。具体的には、頭痛、肩こり、めまい、のぼせ、冷え、神経痛、体の痛み、子宮筋腫、乳腺症といった症状に使用されます。また、にきびやクマ、しみ、湿疹や皮膚炎、しもやけなどの皮膚のトラブルにも用いられています。

 

月経異常(月経困難症など)や更年期障害など、女性特有の症状に効果があり、産婦人科ではよく処方される漢方薬です。

 

次のような人に有効です。

 

・体力が中程度
・赤ら顔である
・月経困難、月経不順がある
・のぼせやすいのに足が冷える
・下腹部が張る感じがする

 

スポンサーリンク

桂枝茯苓丸の作用・効果

桂皮(ケイヒ)には健胃作用のほか発散作用があり、のぼせや頭痛に効果があります。芍薬(シャクヤク)は痛みをとる作用があります。茯苓(ブクリョウ)は気分を落ち着け余分な水分を取り除く作用があり、桃仁(トウニン)や牡丹皮(ボタンピ)は血液循環をよくします。これらの生薬がいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。

 

薬効試験では、末梢の血流を改善する作用が確認されており、高血圧の随伴症状の改善や糖尿病の合併症の症状改善にも応用されています。

 

桂枝茯苓丸は、肩こりや、複合性局所疼痛症候群 complex regional pain syndrome(CRPS)などの、慢性の(長い期間の)痛みに対して用いられることがあります。長引く痛みは、その部位の血流の障害を伴っていると考えるのが漢方の理論であり、慢性的な痛みに対する桂枝茯苓丸はは微小循環の改善による効果を期待して使用されます。

 

微小循環によるいたみのは、刺したり絞られるような痛みや、しびれや、夜に悪化する、冷たい、色の悪いというような特徴を持つ痛みです。これらの痛みの場合、桂枝茯苓丸が効果を発揮する可能性があります。

 

もう少し深堀りして解説しますと、漢方医学では、「疾患が慢性化すると微小循環障害(瘀血:おけつ)が生じる」という考え方があります。つまり長引く病気があると、局所の血の流れが悪くなり、滞ります。それを気滞血瘀(きたいけつお)と呼びますが、長引く痛みが続き、循環が悪くなってしまうこの状態のせいで、関節や筋肉の圧を上げたり局所を腫れさせて、痛みの原因になると考えます

 

痛みにより交感神経が亢進し、血管が収縮し、血流が悪くなり、血が滞る。というイメージでもあります。

 

桂枝茯苓丸は、そういった微小循環を改善させる漢方として、長引く痛みに使用されます。血の滞りを改善させる働き、活血化瘀(かっけつかお)と呼び、血瘀(けつお)を改善します。厳密には、活血は循環が悪い細い場所でも循環を保つことで、化瘀は循環の悪さそのものを改善させます。桃仁・牡丹皮などは化瘀よりの働きをします。

 

産婦人科領域で桂枝茯苓丸が使用されるのも、女性では、子宮や卵巣などがあるためお腹の中の圧力が男性よりも高くなり、圧力が高くなるので微小循環が障害されるため、その微小循環を改善させる桂枝茯苓丸が有効という考えによります。

 

 

桂枝茯苓丸の成分・効能

桂枝茯苓丸は、5種類の生薬からなります。

 

・桂皮 (ケイヒ) :クスノキ科のニッケイの根を乾燥させたもの。薬効は、「気」の巡りをよくし、発汗によって体表の毒を除く働きがあります。解熱作用、鎮静作用、血行促進作用、抗血栓作用があります

・芍薬 (シャクヤク):ボタン科のシャクヤクの根を乾燥させたもの。薬効は、「血(ケツ)」のめぐりをよくします。また、筋肉のけいれんを鎮めたり、鎮痛作用もあります。

・茯苓 (ブクリョウ) :サルノコシカケ科のマツホドの菌核を乾燥させたもの。薬効は、利水作用があり、余分な水を排泄する作用があります。胃腸を整え、精神を安定化する作用もあります。

・桃仁 (トウニン):バラ科のモモを成熟した種子を乾燥させたもの。薬効は、血液凝集作用があります。便秘の改善作用もあります。

・牡丹皮 (ボタンピ) :ボタン科のボタンの根皮を乾燥させたもの。薬効は、血行をよくして、「熱」をさます作用があります。「血(ケツ)」の滞りによる症状の改善に用いられます。

 

桃仁、牡丹皮は局所の血流を改善させる生薬として使用されます。

 

桂枝茯苓丸の副作用

配合生薬の桃仁や牡丹皮は、妊娠中の人には慎重に用いるべき生薬とされています。大量でなければまず心配はありませんが、妊娠中の服用については医師とよく相談してください。

 

また、胃腸の虚弱な人は嘔吐や腹痛、下痢が起こることがあります。

 

 

桂枝茯苓丸の服用方法

ツムラ桂枝茯苓丸エキス顆粒によると、通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用するとされています。年齢、体重、症状により適宜増減してください