当帰芍薬散の特徴

婦人科系の症状に用いられる漢方薬で、産婦人科でよく処方される漢方薬です。具体的には、月経異常、不妊症、更年期障害、自律神経失調症、慢性頭痛、腰痛などに用いられます。さらに、めまい、しびれや神経痛などの改善にも用いられます。

 

「血(ケツ)」の不足を補い、血行をよくして、体を温めたり、貧血症状を改善する目的でも使用されます。

 

効能表示では、貧血、倦怠感、更年期障害(頭重,頭痛,めまい,肩こりなど)、月経不順、月経困難、不妊症、動悸、慢性腎炎、妊娠中の諸病(浮腫,習慣性流産,痔,腹痛)、脚気、半身不随、心臓弁膜症などの諸症状に用いるとの記載があります。

 

次のような人に有効です。

・やせていて顔色が悪い
・冷え性
・月経不順、月経困難である
・足腰の冷えがある

当帰芍薬散の原典は『金匱要略』に載せられ、「婦人懐妊、腹中痛するは、当帰芍薬散之れを主る」婦人雑病篇に「婦人の腹中の諸疾痛は、当帰芍薬散之れを主る」と記されています。

 

スポンサーリンク

当帰芍薬散の作用・効果

主薬である当帰(トウキ)と芍薬(シャクヤク)を取って、当帰芍薬散と呼ばれています。

 

当帰には補血・強壮作用があります。また芍薬には生理痛などの痛みを和らげる作用があります。

 

その他に、血行を良くして貧血症状を改善する作用がある川芎(センキュウ)、利水作用にすぐれた蒼朮(ソウジュツ)、余分な水分を排泄する沢瀉(タクシゃ)、茯苓(ブクリョウ)が組み合わさり、「血(ケツ)」の働きを活性化する効果を発揮します。

 

薬効試験では、ホルモンバランスを整える作用や血流改善作用が確認されています。また、排卵促進や血流の改善、子宮への作用なども認められています。さらに、臨床試験では糖尿病の合併症や脳血管障害の慢性期にも症状の改善にも効果が確認されています。

 

西洋医学的には、当帰芍薬散は、ホルモン調節作用をもち卵巣プロゲステロン産生能を高め、子宮に対しては子宮収縮抑制を示すことなどが研究で認められています。

 

切迫早産に対する当帰芍薬散の効果の研究

妊娠後期の切迫早産の際には、西洋薬ではリトドリンが用いられます。

 

このリトドリンは子宮の筋肉にある「β2 受容体」を刺激し、この刺激によって、子宮の筋肉は弛緩します。しかしリトドリンはβ2受容体への選択制は高いのですが、β1受容体も刺激してしまい、β1を刺激することで脈が速くなったり、血圧が下がったり、肺水腫をおこしたりの合併症が出ることがあり、その副作用のため早産予防の子宮収縮作用を発揮するのに十分な量を使用しきれない、ということもあります。

 

基礎研究では、当帰芍薬散とリトドリンと併用することで、β1刺激の副作用を減らしたり、β2刺激の作用(子宮筋の弛緩作用)を強めたりする可能性が示唆されています。

 

 

ホットフラッシュに対する当帰芍薬散の効果

また、ホルモン調整の乱れに対し用いられることから、前立腺癌に対するホルモン療法を行った際に30-40%ほどで出ることがある「ほてり」「ホットフラッシュ」に対して、当帰芍薬散や有効であったという報告があります。低テスト ステロン血症を起こしていない男性更年期に対し、用いられることもあります。

 

当帰芍薬散が適する人は色白で華奢な人であり、美人であることが多いことから「当芍美人」という言葉が生まれました。

 

当帰芍薬散の成分・効能

当帰芍薬散は、6種類の生薬からなります。

 

・当帰 (トウキ) :セリ科のトウキの根を湯通ししてから乾燥させたもの。薬効は、「血(ケツ)」の不足を補い、巡りを良くします。

・川芎 (センキュウ):セリ科のセンキュウの根茎を湯通ししてから乾燥させたもの。薬効は、「血(ケツ)」と「気」の巡りをよくし、体のバランスを整えます。鎮静作用、鎮痛作用、補血作用、滋養強壮作用があります。

・芍薬 (シャクヤク):ボタン科のシャクヤクの根を乾燥させたもの。薬効は、「血(ケツ)」の巡りをよくし、血行を促進します。筋肉のけいれんを鎮める作用や、鎮痛作用があります。

・蒼朮(ソウジュツ) :キク科のホソバオケラの根を乾燥させたもの。薬効は、「水滞」の改善し体内の水分代謝を正常にする働きがあります。

・沢瀉 (タクシャ):オモダカ科のサジオモダカの塊茎を乾燥させたもの。薬効は、余分な水分を除く作用があります。

・茯苓 (ブクリョウ) :サルノコシカケ科のマツホドの菌核を乾燥させたもの。薬効は、利水作用があり、余分な水を排泄する作用があります。胃腸を整え、精神を安定化する作用もあります。

 

当帰芍薬散の副作用

体力旺盛な人には適していません。また、胃腸の虚弱な人は嘔吐や腹痛、下痢が起こることがあります。川芎 (センキュウ)や当帰 (トウキ) の生薬は、時に下痢や腹部違和感などの腹部症状を出す場合があります。

 

また、頻度は多くないですが肝障害の報告があります。

 

 

当帰芍薬散の服用方法

ツムラ当帰芍薬散エキス顆粒によると、通常、成人1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口服用するとされています。年齢、体重、症状により適宜増減してください

 

基本的に漢方エキス製剤は、お湯に溶かしてから服用すると良い効果が期待されます。