口唇ヘルペスとは

口唇ヘルペスとは、単純ヘルペスウイルスが唇や唇の周囲に感染することで小さな水疱ができる病気です。

 

単純ヘルペスウイルスは水疱ができている部位や唾液などとの接触感染や、くしゃみなどによる飛沫感染、ウイルスが付いた手指などから感染します。子どもの頃に初めて感染し、そのときはほぼ症状が無いことが多いですが、大人になってからの初感染は高熱を伴うなどややひどくなることもあります。

 

単純ヘルペスウイルスは一度感染すると神経細胞の中に住みつき(潜伏感染)、過労や体調不良などで免疫力が落ちた時に再び増殖し症状が現れます(再発)。

 

多くの場合、疲れがたまったり体調を崩したりと、小さな体の変化でもウイルスが再活性化して出てきて、自然に改善します。

 

 

口唇ヘルペスの症状

口唇ヘルペスが再発した時の症状は、口唇やその周辺にムズムズ・ピリピリするような感覚や痛痒さなどが起こることで始まります。その後患部の皮膚が赤くはれて水疱ができます。

 

水疱は小さなものが多数集まって一つの大きな水疱のようになることもあります。水疱は数日でかさぶたになって乾き、症状が出始めてから2週間位で治ります。

 

口唇ヘルペスの再発では、もともと単純ヘルペスウイルスに対する免疫ができているため、症状は軽く、患部(出てくる場所)も一部分にとどまります。

 

 

口唇ヘルペスの治療

口唇ヘルペスの治療には抗ウイルス薬の使用が効果的です。内服薬と外用薬があり、軽症の場合は外用薬のみ使用することもあります。中等症以上の場合や再発しやすい人は内服薬が勧められます。口唇のピリピリ感などの前触れが起こった段階で早めに治療を開始することが大切です。

 

 

日常生活の注意

口唇ヘルペスは免疫力が落ちている時に再発しやすいので、ストレスや過労を避ける、栄養や休養を十分にとり体調管理に努める、紫外線対策をしっかりするといったことが大切です。

 

再発した時は人にうつさないようにマスクをする、タオルやコップの供用を避けるなどに注意し、早めに治療を開始するようにしましょう。

 

 

単純ヘルペスに対する効果的な漢方薬治療と対策

漢方では口唇ヘルペスが出やすいのは、体内の余分な水分に熱が発生した「湿熱」の状態と考えます(水疱=湿、赤く腫れる=熱)。このため余分な水を除く(利水)や、熱を冷ます(清熱)作用があるものを中心に用いるほか、免疫力をつけて再発を予防する漢方薬も有効になります。

 

・茵陳蒿湯・・・体内の熱を冷まし、余分な水を排出し、悪いものを便とともに解毒する作用があります。皮膚疾患に対しては、口唇ヘルペスのように水疱ができるものや赤みが強いじんましん・口内炎などに使用されます。比較的体力があり、上腹部の膨満感や便秘傾向がある人に向いています。体力があまりなく、便秘がないまたは軟便傾向、口渇など水の停滞が強い人には茵陳五苓散を使用します。

 

黄連解毒湯・・・炎症や熱を冷ます作用がある生薬が組み合わされている漢方薬です。炎症や充血・出血などがある症状に幅広く用いられています。比較的体力があり、のぼせや赤ら顔、イライラなどがある人に向いています。

 

五苓散・・・代表的な利水剤であり、体内の余分な水を尿などで排出し、水の偏りを調節する作用があります。比較的体質を選ばずに使用できる漢方薬です。

 

十全大補湯・・・活動エネルギーである「気」と体を栄養する「血」を補い、弱った体を回復する作用があります。免疫力をつけ、口唇ヘルペスが再発しやすい体質を改善する効果が期待できます。疲れやすい・食欲不振などの症状に加え、皮膚の乾燥や貧血傾向などが見られ、冷えがあるような人に向いています。