潰瘍性大腸炎・クローン病の炎症性腸疾患とは

潰瘍性大腸炎とクローン病は、いずれも消化管に生じる難治性の「炎症性腸疾患」です。以前は同じ病気と考えられていましたが、現在は全く別の病気であることが分かっています。

 

 

潰瘍性大腸炎

 大腸の粘膜に炎症が生じてびらんや潰瘍ができる病気です。病変は稀なケースを除いて、大腸以外に生じることはほとんどありません。

・症状

大腸の粘膜が出血しやすくなり、血便や粘血便、下痢、腹痛などの症状が起こります。良くなったり(寛解)、悪くなったり(再燃)を繰り返すことが多いのも特徴の一つです。

・原因

原因ははっきりしていませんが、免疫反応の過剰によって炎症が起こるものであり、これにはその他の遺伝的要素や環境因子も関与していると考えられています。

・治療法

治療の中心は薬物によって大腸の炎症を抑えることで、軽症~中等度や寛解維持のために使われる薬や、炎症がひどい時に用いられるステロイド、免疫調整剤などがあります。その他として、病態の中心的役割となる活性化した白血球を吸着・除去する治療や、症状によっては外科的手術が行われることもあります。

 

 

クローン病

消化管に炎症や潰瘍が生じる病気です。潰瘍性大腸炎と異なり、口から食道、胃、小腸、大腸、肛門など消化管すべての部位に起こる可能性があります。小腸の末端部分や盲腸、肛門部に多く発症し、潰瘍が進行すると腸管が狭くなることもあります。

 

・症状

主に腹痛、下痢、全身倦怠感、体重減少などの症状が起こります。直腸などに炎症がある場合は血便、病変が肛門部の場合は痔ろうや肛門周囲膿瘍が起こることもあります。症状は潰瘍性大腸炎のように寛解・再燃を繰り返します。

・原因

原因は不明な点が多く、何らかの遺伝的要素や環境因子が関与し、免疫の過剰によって消化管に炎症がおこるものと考えられています。

・治療法

クローン病の治療は栄養療法と薬物療法を基本に行われます。腸管の炎症を抑え、栄養状態を改善して寛解期を維持する事を目的とします。

 

栄養療法は中等~重症例の患者さんや、副作用等の問題で薬物療法が難しい場合などに用いられます。再燃の引き金になると考えられる脂質を抑えた栄養剤を服用することで腸管の安静を図ります。炎症が寛解したら徐々に普通食に戻すか適量の栄養療法を継続します。

 

薬物療法としては、腸管の炎症を抑える薬やステロイド、免疫抑制剤など潰瘍性大腸炎にも使われる薬を症状などによって使い分けます。その他として、クローン病の炎症の原因となる物質の作用を抑える薬物が現在注目されています。また痔ろうを合併している症例に抗菌剤を使用することもあります。

 

腸管の高度な狭窄や多量の出血、難治性の痔ろうなどがある場合は外科的な手術や処置の対象となることがあります。

 

漢方薬治療と対策

漢方では潰瘍性大腸炎やクローン病には、脾胃(消化器系)が弱っていることが根本にあると考えます。脾胃が弱ることで「湿(余分な水分)」が生まれ、下痢をする原因となります。また湿に何らかの原因で「熱」を帯びる(湿熱)ことで、激しい炎症や腹痛が起こるとされています。出血や粘血便も熱によってしばしば起こると考えられています。これらの状態を改善するものや、症状に合わせた処方を試みることが主な漢方薬治療となります。

 

西洋薬が非常に進歩しており、良い薬がでてきているため治療の主体は西洋薬で、漢方薬は補助的に、時に使われるイメージです。

 

大建中湯・・・お腹を温め消化機能を補う作用があり、消化器症状に広く用いられる漢方薬です。近年では抗炎症作用が明らかとなり、クローン病などの炎症性腸疾患に対する効果が期待されています。

 

黄連解毒湯・・・熱を冷まし炎症を抑える作用のある生薬で構成されている漢方薬です。炎症や腹痛の症状を引き起こす湿熱を取り除く作用があり、潰瘍性大腸炎などの炎症の活動期に用いられます。

 

五苓散・・・体の余分な水分をさばく作用がある、代表的な利水剤です。潰瘍性大腸炎などで下痢症状が強い場合に湿を除くために用いられます。あまり体質を選ばず使用でき、小児にも使いやすい漢方薬です。

 

柴苓湯・・・五苓散と小柴胡湯を合わせた処方です。体の余分な水を除き、熱や炎症を鎮める作用があります。免疫反応を調整する働きがあり、ステロイドの減量・中止のためによく用いられる漢方薬です。

 

十全大補湯・・・気血を補い、病気などで弱った体を回復させる作用がある漢方薬です。免疫力を改善する効果が知られていて、潰瘍性大腸炎やクローン病の免疫異常を改善する目的で使われます。

 

黄耆建中湯・・・胃腸が弱く、栄養不足で体力が弱っているような人のために処方された漢方薬で、小児にもよく使われます。脾胃を温めて気を補い、体力や免疫力をつける作用があります。痔ろうのような長引く化膿性疾患における再生・治癒効果があり、クローン病以外にも用いられています。